Tor des Geants トルデジアン 時系列レポート

Tor des Geants   時系列レポート

 11月14日水曜日の報告会 1分ほど、一言くらいでという事で時間を頂けるようです。トップグループ、制限時間をたっぷりグループなどに入らないその他の面々の中の一人として挨拶できるかと、ほかの方とダブったことを話さずに済むよう記憶を整理しています。

 レース中のウェブアルバムリンクです。
http://webryalbum.biglobe.ne.jp/myalbum/10016950046a143a07da2c1b042ffab118c63f430/64577018244552531

6ヶ所のライフベース(デポバックで荷物の入れ替え、仮眠場所、エイド)の間の7区間(Section)としています。山小屋(Rifugio),避難小屋(Bivacco)のベットは2時間の時間制限があり、空きがあれば利用できます。現金があれば、山小屋では有料メニューが提供できる時間であれば利用できます。地名の訳はColは峠、Lago,Lacは湖沼、ponteは橋。事前に2、4、6の区間が手強いと聞いていました。

Section1
Courmayeur start 1224m10:00
Col de Arp 2571m 8.1km 1h:40 11:40 楽に登れてまずまずのポジションで行けたのでほっとしました。
balte Youlaz エイド 2051m 11.8km
La Thuile 1458m 17km 2h49 12:49 92位  こちらに下っている最中お腹が下りだしお手洗いを利用。関さんの後ろで到着
Col Haut pas 2857m 29km 6h:00 16:00 登りにかかるところでShinyaさんに抜かれる
Promoud エイド 2017m 33km お手洗いへ直行
Col Crosatie 2829m 36km 8h14 18:14 下っていると鈴木博子さんが追いついてきて、ライフベースまで後ろに付かせて貰う格好になりました。お腹が痛かったりリズムが悪かったので助かりました。リラックスして林道ゆっくり歩きを入れたりしているのをみて落ち着いていこうと切り替えられました。
Lac du Fond 243km 38km
Planaval エイド1517m 43km お手洗いへ直行 
Valgrisanche 1662m 49km 10h:24 20:24 150位 到着するとShinyaさんがそろそろ出発するところでした。食欲はあって食べなくてはとペンネを押し込む感じでしたが気分が悪くなって、 ベットへ行って横になってみましたが、まだ眠れずシャワーで体を温めたら少しお腹が楽になって出発を決意しました。結局は翌日の午後Sella小屋出発するまでは食欲はあるけれど腹痛が残り、充分食べられず思ったように動けずでした。順位の低下にも現れている。

Section2
Valgrisanche out 11h40 21:40 ばななさんが到着したタイミング。結局1時間ほど滞在 人の出入でごった返して休みづらい
Chalet Epee エイド2366m 57km
Col Fenetre 2854m 60km 14h35 22:35 
Rhemes-notre-Dame 1738m 65km 16h03 月曜 2:03 下りで眠くなり寝たかったが、ベットは無く床で後に空いたのでベンチで休む
Rhemes-notre-Dame out 17h05 3:05 先についてベンチで横になって寝ていたOharinさんにを見つける 。人の出入りで寒かったり、狭くて待機している救急対応の消防士さんがサイレンを鳴らしたり定期的に追い出しをかけている感じでゆっくり休めませんが、眠くてしょうがないので目をつむって休む。それでも楽になってきたので出発を決意
 体調不良になった方が搬送されて行くのを見ました。
Col Entrelor 3002m 70km 19h:41 5:41 エイドを出ると一気に急登が始まる。ピークは尖った地図によっては破線ルートなところでした。下ってゆくと牧草地、牛にコースフラッグ食われたようでコース見失って、見渡していると後から出発したOharinさんが!追いかけて一緒に進む格好に。
Eaux Rouses 1654m 79km 21h49 7:49 out 22:00 8:00
Col Loson 3296m 90km 26h:25 12:25 コース最高標高地点。ラストは険しく空気の薄さでしびれました!天気がよくモンテローザとか遠くまで絶景!
Rifugio Vittorio Sella エイド 2585m 94km  27h30 13:30 out 29h52 15:52
小屋のメニューで食事、7.5€が5€に選手は割引、お腹が痛み食欲はあるものの余り食べれず、しかしベットで2時間寝る起きたらお腹の痛み引き復調 2段ベットが2つの4人部屋は快適でした。
Valnontey 1667m 99km
Cogne 1531m 102km 31h27 月曜17:27  食事、電池の入れ替えなど日本人応援団のサポートしてもらう。 所要時間20時間10分

Section3
Cogne out 31h40 17:40頃
Liilaz 1651m 106km
Goiies 1830m 107km エイド
Rifugio sogno 2534m 117km コンソメ、チキン?スープがおいしかった!皿の盛り付けとか凝っていてすごく良い感じでした。サイン帳して行ってねと言われ署名しました。 
Fentre di Champorche 2827m 119km 35h52 火曜21:52
Rifugio Miselin 2581m 121km
Rifugio Dondena 2151m 124km エイド
Chardonnay エイド 屋外テント1450m 130km 38h23 火曜日0:23 out 39:00 火1:00 シャルドネでもワインとは関係ない?眠くなったので大原さんとストーブの前のリクライニングチェアーで休む
Pontboset 791m 139km 屋外テントエイド
Bard 390m 146km
Donnas 330m 149km 43h24 火曜 5:24 153位 2時間ほどベットで寝る 関さん、Shinyaさんと出発
 所要時間 約11時間45分

Section4
Donnas out 46h08 火曜日8:08 141位
Perloz エイド 663m 154km
Tour d'Hereraz 586m 155km
Sassa エイド1305m 161km 49h30 火曜11:30 127位
Rifugio Coda 2224m 166km エイド 51h15 13:15
Lago Vagno 1686m 172km 52h50 14:50 ダムサイトを渡るとエイド
Col du Mamontana 2350m 176km 54h10 16:10
Crena du Ley 2311m 179km 55h15 17:15 この付近でトレッキングしている大柄な2人が後ろについてきて引き離せるかと思ったらそんなことはなく気づいたらかなり消耗。ここからLooまで苦戦
 
Lago chiaro 2096m 177km 55h45 17:45
Col della vecchia 2184m 181km 56h05 18:05  手前までは関さんが前方に見えていました。
Niel 1573m 187km 58h:04 火曜20:04 105位 エイドで牛肉のワイン煮込みとポレンタ(カルボナーダ)をご馳走になる。
Col lasoney 2364m 190km 60h05 22:05 登ってゆくと稜線手前から雨と視界不良で足が濡れかかとなどにまめ、コンタクトは左目しか入れられず。動揺しました。
Loo エイド 2364km 194km
Gressony-Saint-Jean 62h:56 水曜0:56 97位 到着するとsadaさんはそろそろ出発するところ。sekiさん、shinyaさんに追いつく。
雨で足はびしょ濡れ2度目のシャワー 4時間ほど寝る。
 所要時間約17時間

Section5
Gressony-Saint-Jean 1329m 200km out 68h:38 6:38 108位
Chemonal 1421m 206km
Rifugio Alpenzu エイド1788m 207km  次のコル付近まで雲の中で雨
Col Pinter 2776m 212km 71h46 9:46
Valley Ayas Rifgio Crest エイド1958m 216km 73h:31 水曜11:31 107位 新しくてきれいな居心地の良さそうな山小屋でした。
Rezy 2082m 221km 74h22 12:22
Valley Ayas Saint-Jacques エイド1700m 223km 75h:05 水曜13:05 106位
Rifugio Tournalin エイド 2535m 228km 手前から雨
Col di nana 2770m 229km 77h11 15:11 付近は薄っすら雪景色
Col des Fontaines 2695m 231km 77h30 15:30
Cheneil 2116m 233km
Valtournenche-cletaz 1526m 236km 78h:54 水曜16:54 97位 食事の後ベットに行くもまだ早かったので出発することに、shinyaさんが到着して先行していることに気づく。
 所要時間約11時間20分

Section6
Valtournenche out 79h:56 水曜17:56 90位
Rifugio Barmasse エイド2175m 241km
Fenetre d'Ersa 2293m 245km 81h20 19:20
Vareton(Torgnon) エイド2352m 247km
Bivacco reboulazエイド 2585m 252km 83h:00 水曜21:00 out 84:46 22:46 雪と風が気になりだす。眠くなりベットで仮眠 起きるとShinyaさんも出発するところで一緒に行きました。
Col Terrey 2775m 253km 86h16 木曜0:16 ここを下ったところが牧草地でコースフラッグが消えていてしばらく真っ暗
Rifugio Cuney エイド 2656m 257km 88h58 木曜 2:58 96位 吹雪いていて時折強風、明け方寒そうと弱気になり避難小屋から5kmほどでしたがShinyaさんとベットへ寝ているとレースがストップしているから2時間経ったけれど起こさなかったと6時前後に教えに来てくれました。時折聞こえる強い風の音、漏れてくる無線の音で不安になり、よく眠れませんでした。

Rifugio Cuney out95h00  6時間ほど滞在木曜9:00にリスタート
Col Chaleby 2693m 259km 95h22 9:22
Bivacco R.Clermont 2705m 261km 95h57 out 96h20 食べてゆけとポークのステーキ、ポテトをさっとフライパンでご馳走してくれました!小さな非難小屋だったのでびっくりしました。
Col Vessona 2788m 262km 96h:35 林がある所まで下ったところでShinyaさんは足が痛いので先に行ってということで先に行きました。
Oyace-Close 98h:57 木曜12:57 92位
Col Brison 2508m 277km
Berio Damon エイド1942m 280km
Ollomont-Rey 1396m 283km 102h:50 木曜16:50 89位
 所要時間約22時間50分 (6時間中断込み)

Section 7
Ollomont-Rey out 103h:19 木曜17:19 90位
Rifugio letey エイド 2433m 288km
Col champillion 2707m 289km 20:00 モンブラン、グランパラディーソがきれいな夕暮れ
Pontelle Desot エイド1830m 293km ここから10km Saint-Rhemy までずっと走れるジープロードが続く、寒くて歩いていられない。昼間から日陰は寒かった。
Saint-Rhemy-Bosses 303km 108h:42  22:21 89位 地元の方々がボスの生ハムをマシンでカットして食べて行けと。ただ宴会で盛り上がっている感じでちょっと雰囲気が悪い。あと7時間でゴールできるよと言われた。
Merdeux Rifugio du lac 金曜1:00頃 2537m 313km (昨年は外装など改修工事中だったようです。)
山小屋で食事していると、sadaさんが仮眠終えてダイニングにレースが終わったことを伝える。
ベットで寝て朝食後歩いて昨年のMerdeuxのエイド1919mへ下る。そこから車でBossesへ。エイド(ゴール地点) でクールマイユールまで送迎バスを待って13時ごろ帰りました。
Col Malatra 2936m 315km
Rifugio Bonatti 2033m 321km
Rifugio Bertone 1940m 328km
Courmayeur 1224m 333km

 Col Malatra マラトラ峠はUTMBで有名なトレッキングルートのTMB(ツールドモンブラン)のハイライトの一つVal Ferretフェレの谷の中でモンブラン山塊に向かい合う谷の一つです。vallon de malatra フランス語で検索できます。
 TDGらしい険しい峠です。水曜日の晩レースがストップしたのはマラトラの吹雪が原因。
 木曜日に積雪が凍結するなどして滑落の危険が増したので金曜日の午前1時に通行止めになったようです。ばななさんから天候条件よくてもスタッフが安全確認のため配置されているところだと聞きました。無線の会話が理解できれば状況が理解できたのですが。

http://www.google.co.jp/imgres?imgurl=http://www.noth.ch/images/hiking/h0904s1.jpg&imgrefurl=http://www.noth.ch/h0904_e.html&usg=__ioKHdOlTUalME3eoEkKIoAWsoXE=&h=148&w=200&sz=21&hl=ja&start=150&sig2=P9YPcjDzBDNh11EMwZs2-A&zoom=1&tbnid=t-1x6v_LyVrxlM:&tbnh=77&tbnw=104&ei=RGWfUNe5MsmTiAf5h4GQAg&prev=/images%3Fq%3Dvallon%2Bde%2Bmalatra%26start%3D140%26hl%3Dja%26sa%3DN%26rlz%3D1T4HPND_jaJP314JP211%26tbm%3Disch&itbs=1

 ライフベースで寝たのはドンナスとグレッソネイでした。地区センターやスポーツセンターのようなところが利用されたようです。
 シャワーブースではビーチサンダルがあれば便利でしたが用意を忘れました。床が濡れていて汚れているので必要です。 乾燥していているのでリップクリームも
 
 参加者受付で支給されるスポンサーのイタリアGRIVEL社のデポ用ダッフルバックは大会のロゴが刺繍されていたり凝っているところもあるのですが、市販品でないようで強度が足りないので詰め込み過ぎると縫い目が解けたり、破れたりトラブルもありました。必要なものが取り出しにくくなるので詰め込みすぎないよう注意が必要でした。
 
 トイレ、お手洗いが無い山小屋、避難小屋のエイドでは外でと言われます。連れて行ってもらってこの辺りでと言われたそうです。(Cuney小屋はトイレは有りませんでした)

 補給食事は一部の山小屋では予算が配分されているのか、各エイドに必ずある水、コーラなどスポンサーのカルフールから提供?された基本メニューとは別に(Rifugio Sognoとか)独自に用意したと思われるメニューが提供されました。ライフベースでは通常はトマトソースのペンネでした。バルトゥールナンシェではトマトソースのリゾットが選べましたがおいしかった。
  Cuney小屋の滞在時間が長くなりましたが、かりんとうの様な形状で食感をしたお菓子がおいしくて沢山食べました。かりんとうほど甘くなくそれが有るエイドではよく食べました。
 お酒は缶ビールとワインが有りました。序盤は水とかコーラのボトルの裏側とか目立たないところに有る印象でした。昨年はモレティーの瓶ビールが有ったようですが今年はブランド判りませんが缶ビールでした。グレッソネイではビールを寝酒にしました。

 サポートが有れば違ってくるのでしょうが、主に非常用のジェルなどの補給食、味噌汁とか一口羊羹を用意してデポバックに入れていましたが、今回は両手に収まる数量くらいの消費量でした。アサヒのプロテインジェルだけは重たいので持ち帰るわけにはいけないと使いました。味噌汁は表彰式後のパスカル避難小屋トレッキングで使えたので良かった。
 
スタート前夜のスポーツセンターでのブリーフィングでの天気予報の通りに天候は推移しました。
火曜日から寒気の通過により天候が悪化しました。クールマイユール側西部の方がより天候が悪化する。レースが中断した水曜の夜がピークで徐々に回復してゆきました。。UTMBもそうですが、この時期の天気予報は外れないです。
 
 日曜日の表彰式の後、午後からMorgexまでバスで移動してマラトラの南側に位置するLac Licony方面にsekiさんshinyaさんsaikoさんと約3000mのpascal避難小屋まで一泊トレッキングに行きましたが、周囲やフェレの谷にはそれほどの雪は見られませんでした。
 グランコルフェレの辺りは標高が低いのでフランス、スイス側のアルプス北側からの風が通り抜けやすくてマラトラ谷は雪が降りやすいのではと思いました。

 峠の通過時間はpolarのRS800CXに記録された標高データからのものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック