信越五岳ミーティング

画像


画像



 2週間余りとなりました。ミーティングは参加してよかったと思います。
前日から当日への流れがイメージできたかな。こういったウルトラマラソンのような大会は初なので落ち着いて当日を迎えることができればいいのです。
 
 当日朝に単独参加者は、ゴール後受け取ることになる荷物を預ける。5Aに保管されるドロップバックも同様ですが、こちらは表彰式前に返却(9/16日付レース情報の更新でレース当日朝ハイジで4:00~5:30に預ける。ドロップバックの受け取りは表彰式会場で時間/9:00~12:00)。

 エイドは基本 水、リプレニッシュ、食べ物はバナナ、干しぶどう、じゃがいも、ポテトチップ、パワーバーはカット済み、ジェルは個数制限あり(9/16日付レース情報の更新で受け付け時に2個お渡しとあります。他には飴が入っています。エイドの情報はほぼ確定とあります。じゃがいも、干しぶどうの情報はありません。ポテトチップはチップスターと具体的な情報になっています。油分が少なくさっぱり胃腸への負担が小さそう) 1Aは水、バナナのみ。3A温泉まんじゅう、4Aは温泉まんじゅう+笹寿司1つ限定5Aは暖かいお米かスープ、6A温泉まんじゅう+コンソメスープ、7Aスープ、中社スープ+そば(残念ながら人数などの条件で手打ちは無理)8Aは水、バナナのみ。あとトマトも3A以降部分的に用意。

 5Aと6Aの間がちょっと長めなので林道に水、バナナのみのエイドを設ける。

 ということで、天候条件などがよければ、5Aまではウェストバックで行こうかテストしてみようと思いました。
関川沿いの河川敷コースは気温が高くなると、日差しもあればちょっと大変そう。
 速い選手は8時間台もあるかもしれないようです。他ブログ情報だとS馬さんが出場予定のようです。(トレイルランニングマガジン最新号に情報ありました。)

 ペーサーは移動バスの利用、または個人やチームの車で移動も可能で、当日アシスタント用ガイドマップ(移動予想時間、食事場所など情報)の配布があるそうです。
 ゴール地点でも軽食の用意(最終参加案内で豚汁)があるとのこと。


 

 モチベーションがあがってきて、朝練も順調に消化できています。今日は先月タッキートレイルで行った氷取沢市民の森まで走ってきました。金沢文庫から六国峠、池子コースから衣張山など山に入ったりと毎日コースを変えています。ロードより一歩一歩集中できてあっという間に2時間経ってしまいます。距離も自然と伸びます。



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック